豊島区東池袋の歯科/インプラント・入れ歯・ホワイトニング・金属を使わない白い歯に

より良いものを・・・

より良いものを・・・自費治療のススメ

 はじめにお断りしますが、タキザワデンタルクリニックでは、保険治療を行っていない訳ではありません。また、自費治療を強引に勧めることも致しません。ですが保険治療がベストの治療である、とも考えてはおりません。その点をご考慮いただきお読みください。

 

保険治療での制約と限界

 歯は本来白いものです。
 銀歯などの金属が無い状態が一番自然です。
 保険の範囲内の材料でも、ある程度の部分は白くすることができます。
 でも、「とても素晴らしい材料です。」とは言えません。
 保険材料は、国がこれくらいの材料なら国民の要望を最低限満たすことができるだろうと定めた材料(国が定める医療費の予算の中で賄える範囲の価格の材料)であってベストではなくベターな材料とお考えになったほうが良いかと思います。

 金属で出来た冠は、パラジウムという金属で作られています。金属アレルギーについては、ほかのページで触れていますのでここでは触れません。- 保険の金属は有害?
 ただ、パラジウムという金属は、歯の修復に使うには、硬すぎるように思えるのです。 

 硬いということは『丈夫』ですが、かみ合う相手の歯には『優しくない』と言えます。

 歯と同じくらいの材料がベストということになりますが、その場合自費治療となります。

 つまり自費治療の白い材料は、保険治療では認められないくらい良い材料とお考えください。 

大多数の歯科医は、自分の家族や親戚には、保険材料で治療しません。

自費治療だから、一生大丈夫ということはありません。

 保険治療で治療したからといって、一生お口の中が大丈夫と言うわけではないのですよね。
 予防処置をしないで、もしくはお口の中に関心が無い場合、必ず数年経つと悪くなります。
 もちろん、自費治療で治療したからといっても、予防処置をしないで、お口のケアをしないと悪くなります。
 「自費治療でやったから歯を磨かなくていいんだ」と考えている方がいるとしたら言語道断です。
 (どんなに高い値段の高級車に乗っても、絶対故障しない、絶対事故に会わないということはないですよね。)

実は、保険治療も意外と高額なのです。

 一番保険治療で高額なのは(1本の歯の治療にかかる費用で)、前歯の治療で使用される、レジン前装冠です。

 前歯を削って型を採るだけで、3割負担で約3,000円ぐらい。出来上がったレジン前装冠をセットする際、3割負担で5,000円ちょっとします。合わせて窓口支払いは、8,000円くらいします。

 これは、3割支払ですが、10割に換算すると25,000円ぐらいすることになります。

 今後、高齢化にともない日本の医療費は増大の一途となるでしょう。

 何年も前から歯冠修復(詰め物やかぶせ物)の費用を保険から外すのではないか、噂されております。(海外では、そのような国もあるようです。) 

皆さんから良く聞かれます・・・「どれくらいもちますか?」

 皆さんから、よく聞かれます。耐久性についてです。

 正直に言うと、判りません。

 白い材料は、金属よりも『頑丈』ではありません。

 2年くらいで割れてしまったりすることもあるかもしれません。(保険材料で白い材料は、2年くらいしか持ちません。)

毎日使うものですから、使って壊れないものはありません。

眼鏡や携帯電話と同じです。

 ぶつけて壊れたり、視力が進んで度が合わなくなったり、充電のし過ぎで電池が劣化したりとアクシデントや経年劣化はつきものです。

(壊れたりする原因は、歯ぎしりやくいしばりがダントツで多いのですが、それにつきましては以下のページをご覧ください)

 ですから、「一生もちます」といっている歯科医がいるとすると、私の頭の中に巨大なクエスチョンマークが出現してしまいます。

 ''もちろん、一生もってくれたらいいな、と思います、そのための努力はしています。壊れにくい材料をセレクトしております。ですが、断言はできません。
''
 ただ、自分の歯と同じくらいの硬さ程度のものでアレルギーが無いものが、耐久性や、自分の健康のためには良いのではないでしょうか?

それが患者さんが歯ッピーな生活が送れる道だと考えております。

あまり患者さんに銀歯を入れていただきたくないので・・・

 歯医者をしていて銀歯をお口の中にセットする時、上に書いたようにとても複雑な感情が湧きます。

「でも値段が高くて・・・」

 とおっしゃる方が多いです。

 なるべく価格が安く設定できないものか、いろいろ歯科材料を精査してみました。

 これまで、いろいろな材料を取り扱ってきましたが、種類が多すぎて患者さんに説明するのも大変、決めていただくのも大変でした。

 そこで整理しメニューを減らしました。

 きれいで耐久性があるものだけにしました。そして大きく2種類に分けました。

ひとつはハイグレード版
 値段はちょっと高いですが、クオリティが高く審美性に優れているもの。技工士さんに丁寧に作ってもらうもの。本当に良いものは、芸術作品のように、口の中で輝き続けるものです。

もう一つは ホワイトプロジェクト
 価格をおさえてクオリティーは落とさず良いものがつくれないか?
技工所と相談し、色調にあまりこだわらず、品質は落とさず、大部分を機械に作ってもらい技工士さんが手を加えるものもご用意いたしました。
 口の中に銀歯がたくさんある方におすすめです。

ハイグレード版については

ホワイトプロジェクト版については

をお読みください。

a:1900 t:1 y:1

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional