豊島区東池袋の歯科/インプラント・入れ歯・ホワイトニング・金属を使わない白い歯に

ホワイトプロジェクト

ホワイトプロジェクト・口の中から金属をなくすために

えーっ。銀歯入れたくないんですけど・・・

 
 わたしも入れたくないです。でも保険治療では、しようがないのです。
欧米の方は、絶対入れたがりません。アジアからの方も嫌がります。
 でも保険治療で行うからには、他に選択肢はないのです。
大臼歯は、金属冠しか入れられません。
 ましてブリッジとなると、無くなった歯1本のために、前と後ろの歯を削って銀歯3本分になります。どんどん銀歯占領域が増大していきます。

高い自費治療と安い保険治療のはざま

 
 白い歯だと値段は、どれくらいになりますか?
 どこの歯科医院でもそうだと思いますが、良い材料で治療すると10万円前後します。
 大臼歯のかぶせ物だと、保険治療で3,000円程度(3割窓口支払い分)ですが、自費治療では10万円ですとお話しすると、ほとんどの方が「銀歯にしてください。」と言われます。 
 首都圏の歯科医院は、ほとんどがそのような料金設定です。
 10±2万円が相場のようです。
高い自費治療と安い保険治療の中間域がありません。
 (もちろん、高い自費治療は、保険治療より良い点はたくさんあります。詳しくは、より良いものを・・・をお読みください。)

値段が安い材料での治療・・・散々な結果に。

 少しでも銀歯を入れないように、これまでいろいろやってきました。
 予算があまりないけど、白くしてほしいという患者さんには、いろいろ工夫して保険治療では認められていない材料を駆使して、白い歯をその日のうちに一日で口の中で作ったりしました。
 でも、長持ちしないのです。
 保険治療では認められていない白い樹脂で作った歯も、入れた当初はきれいなのですが、定期健診で来られるたびに観察すると、茶渋やヤニなどで汚れていたり、つやが無くなっていたり、ひどい場合一部欠けていたりしていました。
 歯ぎしりがひどい方は、簡単に割れてしまうような事もありました。

 「値段が安くて患者さんに喜んでもらってよかった。」
とセットした当時は思っていたのですが、後で見ると果たしてそれでよかったのか?と申し訳ない気持ちになりました。

壊れないもの、しかも安いもの

 現時点で壊れにくく、今までより値段が安く設定できるものはないか?
取引している技工所と相談したところ、以下の条件でオール・セラミックで作ってもらえるようになりました。
 

  • 色調は厳密にこだわらない。色見本16種の中から、一番近い色を選ぶ。
  • 機械が模型を読み込んで作り、技工士さんが手直しして仕上げる。
  • 材料は、きちんとした物を使用する。

これで高い自費治療と安い保険治療の中間域の設定を作ることが出来ました。

たとえ話・・・チャーハンについて

 先日、テレビで某食品メーカーの冷凍食品のチャーハンの開発を取り上げていました。
 中華の有名なシェフが実際チャーハンを作っているところを3人の冷凍食品の会社の人が取り囲んでいました。
 一人はストップウォッチでどのタイミングで食材を投入するか記録し、もう一人は中華鍋をどれくらい動かすか、どのようにかき混ぜるか記録し、もう一人は火力の調節状態を記録していました。
 すべてのシェフの動きをデータ化していたのでした。
そして工場には、シェフの動きを再現できる巨大な鍋があり、具材を投入するタイミングも火力も正確に再現されていました。
 それを見て、そのチャーハンが食べたくなりスーパーに買いに行き、さっそく食べてみました。
 今まで食べた冷凍食品よりは、だんぜんおいしかったです。
 一番おいしいのは、実際そのシェフに作ってもらったチャーハンがベストだと思いますが・・・。

 ここで言いたいのは、以下の違いを説明したいがためです。

ハイグレード版の自費治療が、シェフが作ったチャーハン。
ホワイトプロジェクト版の自費治療が、おいしい冷凍チャーハンです。

これは、たとえ話です。

口の中の金属、全部白くしたい。でも高いとできない。

 今までの保険制度下の歯科治療、保険治療の制約、高価格の自費治療から銀歯を入れるしかなかった方々を救済すべく、ホワイトプロジェクトを開始することにしました。

 なるべく価格を低く設定して、口の中の金属をすべて取り除き、人間本来の白い歯を回復するお手伝いをしたいと考えております。

ホワイト・プロジェクトのメニュー

 使用されるのはオールセラミックです。大きく分けて2種類あります。
ひとつは、ジルコニアにセラミックコーティングをしたもの、もう一つはe.maxと言われる強化ガラスの材料です

 e.maxは強化ガラスでできており、歯と同じ硬さです。理想的な材料と考えております。
 e.maxは、奥歯(小臼歯・大臼歯)のつめものに使用されます。
 また、前歯から小臼歯までのかぶせ物に使用できます。
歯ぎしりやくいしばりが比較的弱い場合大臼歯にも使用できます。
ご相談ください。
仕上がりはとてもきれいです。
 
 ジルコニアは、奥歯(最後臼歯)のかぶせ物に使用されます。
 ジルコニアで作るとは、若干白っぽくなります。
 歯ぎしり、くいしばりが強い方に使用します。奥歯のブリッジはジルコニアのみにさせていただきます。また、歯ぎしりが非常に強い場合、前歯にも使用させていただいております。

ホワイトプロジェクトで壊れないために、以下のルールがあります。

 せっかくいい材料で作るのですから壊れないで長持ちしてほしい。
こちらも責任がありますので以下のルール内での作成とさせていただきます。
 また、技工所からも「こういうケースは作れません」とくぎを刺されております。

  • 大型のブリッジ(多数の歯にかかるもの)は作れません。
  • 歯ぎしりが非常に強く過去にも何度も壊れたことのある歯には使えません。
  • 歯が短い方には作れません。
  • インプラントの冠には作れません。
  • e.maxは奥歯でブリッジは作れません。
  • 色にすごくこだわって、本物と区別ができないくらいのものは作れません。

 最後に、これは歯科医の倫理観の問題ですが、歯周病で歯がグラグラだったり、根っこの病気(歯根の先に難治性の炎症病変)がある場合、すなわち歯そのものの寿命が短いと考えられる場合は作成いたしません。

 ホワイトプロジェクトのつめものやかぶせ物については以下のページをご覧ください。 

a:2711 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional