豊島区東池袋の歯科/インプラント・入れ歯・ホワイトニング・金属を使わない白い歯に

保険で白いかぶせもの

保険でも白いかぶせもの

 保険でも白くできる箇所が増えました。

 今まで前歯の左右3本(計6本)は、レジン前装冠という(金属の冠に、表の部分をレジン樹脂で白く盛り上げたもの)冠を被せられましたが、その後ろの小臼歯は、銀色の冠しか認められませんでした。

 前から4,5番目の小臼歯にのみ適応されるのですが、CAD/CAM冠(キャド・キャム冠)という、ハイブリット・セラミックのブロックを3Dプリンターの技術で削り出す冠が保険治療で認められるようになりました。
 当然、金属は使われておりません。とても丈夫で、きれいです。
若干、天然の歯より白っぽくなりますが、あまり気にならない程度です。

 この方法は、歯科医院によっては行っていないところもあります。というのは、厚生労働省に申請して、承認を受けなければいけないからです。あと、院長の考えで扱わないところもあります。

 保険治療のルールで、CAD/CAM冠(キャド・キャム冠)でブリッジは作れません。すぐ後ろの歯が欠損している場合は、作れません。
 前歯の左右3本(計6本)は、CAD/CAM冠(キャド・キャム冠)の適応外です。

 4,5番目の歯に、小さい金属の詰め物(インレー)が入っている方に、CAD/CAM冠(キャド・キャム冠)にして欲しいというご要望には、お答えできません。
 歯は削るとダメになります。なるべくなら白い詰め物(保険外ですが)をお勧めします。

 CAD/CAM冠(キャド・キャム冠)は、神経の治療がされている歯にかぶせるもの、又は神経は保存できるものの広範囲に虫歯で侵された歯にかぶせるものです。

 CAD/CAM冠(キャド・キャム冠)の値段は、3割負担で型採りで2,500円程度、装着時に6,000円程度です。

a:3250 t:1 y:16

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional