豊島区東池袋の歯科/インプラント・入れ歯・ホワイトニング・金属を使わない白い歯に

保険治療の限界

保険治療の良いところ・悪いところ

 日本では保険証を持ってさえいれば、保険医療機関でそれほど高額ではない金額で歯科治療を受けることができます。これは世界中見回しても、とても優れたシステムだと思います。
 ただ、これによる弊害もあります。虫歯の治療で1本数百円から数千円で治療できるということは、また悪くなっても「それだけ払えば治るんだ」と考える結果になり、お口の清掃状況がおろそかになってしまいます。
 その結果、世界の人たちに「口の中が金属がいっぱい入っているのは日本人だ。」と言われるようになってしまうのです。

 アメリカでは、歯科の治療費がとても高額なので、悪くならないように定期的にメンテナンスに通っています。その方が、長い目でみるとコストがかからないからです。

保険治療の限界…ベストの治療ではありません。

その1 歯は白いのに、なんで金属をいれるの?

 日本中どこの歯科医院に行っても、保険でむし歯治療をすると、金属の詰め物や被せ物を入れられます。
 パラジウム合金。保険で認められている金属です。
 皆さんのお口の中にもありませんか?

画像の説明

 でも、10代で怖い思いをして歯医者でむし歯の治療をして、初めて金属の詰め物を入れられたとき「こんなものを身体に入れるんだ。」と違和感を感じませんでしたか?
 でも、そのうち2個3個と入れられるうちに「そういうものなんだ。みんないれてるしね。」とあきらめに似た境地に達しませんでしたか?
 「保険治療以外の材料は値段が高いし、まぁ人から見えないからいいや。あまり大きな口を開けなければいいんだ。」
 金属の詰め物の数が多くなるにつれ、違和感も麻痺してしまい、自分の口に対する関心も無くなってしまいます。
 できれば自分の口の中なんて見たくない。と思うようになり、そのうちどこかの金属の詰め物が外れても、「仕事が忙しいから、いいや!放っておいても・・・」
 しばらくすると痛くなってきて、決心して歯医者に行ったら「この歯は抜かなければいけませんね。」と言われて抜かれてしまった。

 こういう患者さん、とてもたくさんいらっしゃいます。

 ここで問題になるのは、いろいろあると思いますが、主なものとして
 歯科医側の問題点として

  • 歯医者がすぐ削って銀歯を入れたがるということ
  • 悪くならないように予防することを勧めなかったこと

 患者さん側の問題点として

  • むし歯にならないようにする術を知らなかったこと
  • 歯医者に行くことに対して、心理的なハードルが高かったこと

 歯医者側と患者さん側の共通の問題点として

  • 保険治療以外の治療費が高いこと
    などが挙げられると思います。

これらのことは以下のページに詳しく書いてあるので参考にしてください。

その2 むし歯治療で使われる2種類の治療法

 神経をとらないでむし歯の治療した場合、使用される詰め物には2種類あります。

 ひとつは金属を使用したインレー、もうひとつは白い樹脂を使用したレジン充填があります。どんなものでもあるように、それぞれ利点と欠点があります。

インレー

利点

・金属を使用しているので構造的に強い。
・歯と歯の間のむし歯の治療の際、インレーを使用すると歯と歯の間の距離が適正に修復される。(物が詰まりにくい)

欠点

・金属を使用しているので、金属アレルギーの危険性がある。
・審美的に問題がある。
・金属と歯を接着させるために、接着剤を用いるため、接着剤の経年劣化により脱離する可能性がある。

レジン充填

利点

・金属を使用していないので審美的である。
・金属アレルギーの可能性がない。
・インレーに使うような接着剤をしないため、脱離しない。

欠点

・金属より構造的に弱い。(欠けてしまうことがある。)
・樹脂自体、経年劣化して変色する。若干、吸水性があるため色を吸う。
・むし歯が神経にあまりにも接近している場合にレジンを使用すると、神経に炎症を起こすことがある。
・歯と歯の間の治療に使用した場合、歯と歯の間の距離を修復することが難しい。(上手くやらないと物が詰まりやすい)

レジン充填で良く起こること

 保険治療では、奥歯(大臼歯)に白いつめもので治療することは、できますが耐久性はありません。

インレー脱離002 編集2

 この患者さんに4年前にレジン充填(白いつめもの)をさせていただきましたが、ご覧のように歯と歯の間の部分が、欠けてしまいました。

 私としては、金属の詰め物は使いたくなかったし、患者さんも金属は嫌とのことでレジン充填を行いましたが、結果としては欠けてしまいました。 
 
 なぜ欠けてしまったのか考えてみましょう。

以下のことが考えられます。

  • 歯と歯の間の部分は、かみ合う反対側の歯のとがった部分がダイレクトに当たってしまう。固い食べ物を食べたことによって、白い樹脂の耐えられる力以上の力が加わり樹脂が割れてしまった。
  • 歯ぎしりや、くいしばりなどの大きな力が毎日毎日加わっていたため、樹脂が耐え切れず割れてしまった。
  • 樹脂が口の中という過酷な環境下におかれて、経年的に劣化して割れてしまった。写真でもレジン樹脂の表面が若干ボソボソになっているのがお分かり頂けると思います。

欠けてしまったから、悪いというわけでもありません。

  • レジン樹脂自体が割れただけで、内部には虫歯の進行が見られなかった。
  • 割れただけなのでレジン樹脂だけの修理だけで、済ませられる。(数分間の治療で終わります。)
  • 歯ぎしりやくいしばりのクセがある事がうかがえられる。

インレーの方が安全だったのでしょうか・・・

 インレーという銀色のつめものの方が丈夫だったかもしれません。

 かといってインレーだから丈夫か?といっても問題もあります。

 保険治療で使用されるパラジウムという金属は、金属アレルギーを引き起こす可能性もありますが、それ以上に歯の詰め物に使用するには、硬過ぎます。

 硬い金属をセメントと呼ばれる接着剤で、歯にくっつます。
この接着剤も年々、新製品が発売されるほど進化し続けていますが、やはり接着力にも絶対は、ありません。

 金属の接着剤も噛む力に耐えられなかったり、歯ぎしりやくいしばりなどの持続的に続く大きな力に耐えられなくなります。

 その結果、接着剤の一部が破壊され、金属と歯の間に隙間ができます。
その隙間に唾液が侵入し、当然むし歯菌も入り込みます。
 その隙間は歯ブラシではそうじできません。

 内部でむし歯が進行し、頑張っていた残りの接着剤も耐えられなくなり、金属の詰め物は、外れてしまいます。
 金属の詰め物自体は壊れることはあまりありません。(まれにありますが・・・)
 ですが歯の内部には、むし歯を作ってしまいます。
 
インレー脱離003 編集

 もちろん虫歯も出来ず、金属がとれたらそのままつけられる場合もありますが、また外れてしまうことが多いです。

(たいてい、インレーがとれて初診で来院された場合、初めてとれてむし歯になっていない場合は接着剤でくっつけますが、数か月するとまたとれたと来院される場合がほとんどです。)

 インレーがとれやすい方は、インレーの形態をとれないように工夫する必要がありますが、その場合また麻酔をして形態修正をして型採りをして作り直しをしなくてはなりません。

 でもパラジウムという金属を使い続ける限り、噛む力に負けて取れてしまうというリスクは避けられないと思われます。

レジン充填とインレーどっちがいいの?

 どちらも一長一短があります。
 おおよそ、普通の歯科医院でもこのような簡単な説明は、あると思います。
 その結果、メタルインレーを入れられるパターンが多いのではないでしょうか?

その結果、お口の中は金属のつめものがふえていくことになるのです。

もっといい材料があるのに・・・

 初診でインレーがとれた患者さんにいきなり自費治療を勧めるのは、気が引けるので強くは勧めませんが、もっといい材料があるのにな・・・とという思いはあります。

 ここまでの、流れを整理してみましょう。

  • レジン充填は、白くつめることができるが、噛む力に負けたり経年的に劣化するので、耐久性に問題がある。
  • インレーは金属アレルギーの可能性もあるが、歯の詰め物に使うには硬すぎる。また銀色なので見た目の問題もある。

 理想的な白い材料とは何でしょう?

  • 白くて丈夫であること。
  • 歯と同じぐらいの硬さであること。
  • 経年劣化しにくいものであること。
  • そして、歯の色調にあった美しいものであること。
  • 金属より軽いものであること。

現時点で、私が一番理想的な材料と考えているのは、e.maxと呼ばれる材料です。詳しくは

をご覧ください。

その3 自費材料の材料だからといってすべていいとは限りません。

「歯科の治療で使用される金属で、ベストな金属はなんですか?」
と質問されたら大部分の歯科医は、『ゴールドです。』と答えるでしょう。
 確かに、ゴールドはアレルギーを起こしにくく、精度も良く修復物を作れ、適度に柔らかい金属なので、歯にも身体にも優しい材料と言えるかもしれません。
 ただ、難点があります。
 重いのです。ずっしりと重量感があります。

 たまに、お年を召した方でゴールドで被せものがたくさんある方がいらっしゃいますが、首に負担が来ないか心配になります。

 歯に金属を接着することで、頭蓋骨に重さが加わります。

 帽子やメガネと違い自分で取り外すことができません。

 身体の中でも一番重い部分である頭蓋骨に重い金属(ゴールドだけでなく銀歯も量が多いとそれなりに重いのです)をプラスすることで全身の筋肉のバランスを崩さないか心配になります。
 顎は頭蓋骨の前方にあるため首も前に傾き、猫背になりやすいのではないでしょうか?

 そんなに影響はないという意見もあると思いますが、人間がお口の中に金属を当たり前に入れるようになって、たかだか4~50年しか経っていません。人類史上経験したことがないものを入れているのです。

 どうしても修復させるために人工物を入れなければならないのなら、金属より軽い材料を入れた方が良いと思いませんか?

 白い材料は、金属に比べると軽量です。

a:3723 t:2 y:3

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional