豊島区東池袋の歯科/インプラント・入れ歯・ホワイトニング・金属を使わない白い歯に

歯のクリーニング

タキザワデンタルクリニックの歯のクリーニング

歯のクリーニングの一般的な流れからご説明いたします。

歯のクリーニングは保険治療で治療できます。

初診の方で、むし歯等、ほかの処置が無い場合大体2500円前後です。
歯の本数により値段が変わります。
(レントゲンを撮影したりすると1,000円ほど高くなります。)

 保険治療では、歯茎の検査(歯を支えている骨が歯周病で溶けていないか調べる検査)、歯石を取る事、簡単に機械で紙面を磨くことまで含まれます。

(大量に歯石が着いている方、歯周病の状態が良くない方は、2回以上治療がかかります。重症の方ほど回数はかかります。)

 以下写真を使ってご説明いたしましょう。
 判りやすくするために下の前歯でご説明しますが、実際はお口の中全体をクリーニングします。

歯のクリーニング前の状態

s_歯石除去前前面 (2)s_歯石除去前裏面

 歯のクリーニングをする前の写真です。
 歯の前面にも裏面にも、歯と歯茎の間に歯石が付いていますね。
 また歯の表面には茶色の着色が見られます。

保険治療によるクリーニングが終わった後

歯石除去後前面歯石除去裏面

 保険治療によるクリーニングが終わったあとです。
 歯石はきれいに取れました。
 でも歯の着色がちょっと残っていますね。
 保険治療で使用する機械で、これ以上きれいにするのは大変です。
 歯に負担がかかりますし、痛みも感じてしまうかもしれません。
 歯の表面に傷をつけてしまい、かえって着色がつきやすくなります。
 
 そこで痛み無く、これらの着色をきれいにするには特殊な方法を用います。

自費治療ですが、こんなにきれいになります。

特殊な方法 PMTC によるクリーニング

pmtc前面pmtc裏面

 細かい粉を吹き付けて、歯を傷つけることなく、気持ちよく歯の着色をきれいにしていきます。

 ここまできれいにすることは、保険治療ではできません。
 保険治療は病気に対しての治療に対してのみ有効です。
 歯石は歯周病という病気を引き起こすため、保険治療が適用されます。
 でもヤニや茶渋などの着色物は病気ではありません。

 そこで、当院では着色がどうしても気になるという方に、自費治療として2,500円でクリーニングしております。

 歯周治療は歯石を取ることが前提の治療です。

 歯石を取った後、よりきれいにしたいという方にオプションとしてのクリーニングです。つまり、保険治療で歯石を取った後(約2,500円)追加で自費治療として2500円が、かかります。合わせて5,000円程度とお考えください。

 初診時で、歯周病があるかどうかの検査等をさせていただきますので、初診料と検査代等の費用は、かかりますので、純粋に2,500円でクリーニングできるわけではありません。

 1回目は保険治療で歯石をとり、PMTCは後日のアポイントとさせていただきます。

 ごくまれにですが、1回でPMTCが完了しない場合があります。それは、数十年にわたり、しつこくこびりついた汚れはとても取るのに時間がとてもかかるからです。

 場合によってはPMTCを2回に分けさせていただきます。その際2回目も、2500円かかります。(時間と材料代としてご了承ください)

オーラルヘルスと全身の健康

 『オーラルヘルスと全身の健康』で検索してみてください。ちょっと専門的ですが、口の中の細菌が、全身に悪影響を及ぼしていることが判ります。
 口の中の細菌が、肺炎だけでなく心臓病や糖尿病、骨粗しょう症、早産や低体重児、肥満にも関連があることが判ってきました。
 ヒポクラテスも口の中の細菌が全身に影響を及ぼし、口の中をきれいにすると全身の疾患も改善するといっていたようです。
http://www.braun.co.jp/oral_health/index.html

定期的なクリーニングのすすめ

 定期的なクリーニングをすることが、歯周病予防ひいては全身の健康に寄与することになるのです。
 定期的なメインテナンス・ケアについては

a:8025 t:1 y:12

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional