豊島区東池袋の歯科/インプラント・入れ歯・ホワイトニング・金属を使わない白い歯に

歯を白くするには

歯を白くするには・・・ ホワイトニングについて

画像の説明s_w-2(1)

タキザワデンタルクリニックでは、より気軽にホワイトニングを試していただきたいと考え、歯1本につき500円(税込み)のホワイトニング・システムをご用意しました。

目指したのはカジュアルなホワイトニングです。

「歯を白くしたいのですが・・・」

 よくご相談いただきます。

 ホワイトニングは、歯がしみる症状がでたりします。

 タキザワデンタルクリニックでは、刺激が少ないホワイトニング・システムをご用意しました。

タキザワデンタルクリニックのホワイトニングについて

これまでのホワイトニングについて

 ホワイトニングは、アメリカを中心に発達してきました。
 アメリカでは、本当に手軽に行えます。
 薬局で簡単に漂白用の薬剤を手に入れられ、ショッピング・モールでは漂白用のライトとチェアがあり自分で漂白を行えるところもあるようです。
 ただ、アメリカの人たちは歯のエナメル質が厚く、高濃度の薬品でやらなければ白くなりません。
 人によっては あまりに濃度が高いため歯がしみる症状が強く、鎮痛剤を飲みながらホワイトニングをするようです。
 日本で、ちょっと前までホワイトニングを行っていた先生は、薬剤をアメリカから輸入して行っていたため、エナメル質が薄い日本人には刺激が強くしみるトラブルが多くみられました。
 現在では、国産の日本人用に開発されたホワイトニング剤も開発され、以前のようなしみるというトラブルも少なくなりました。

タキザワデンタルクリニックのホワイトニングの特徴

 当院のホワイトニングは、ほとんどしみません。
 今までの、ホワイトニングの薬剤は歯の表面を荒らして光の乱反射を利用して白くしているものもありました。そのためザラザラした感じになります。当院のホワイトニングはホワイトニングの発想が今までと違うため、歯の表面がツルツルします。
 今までのやり方ですと、ホワイトニングの後は色が付く食べ物や飲み物を避けなければなりませんでしたが、(カレー、コーヒー、赤ワインなど)当院のホワイトニングは、直後に何を食べても飲んでも大丈夫です。
 また、何回やっても害はありません。毎日やっても大丈夫です。(当院ではアポイントの関係で毎日は実際困難ですが・・・)
 そして、自然な白さに仕上がります。(不自然な白さにはなりません。)
 従来のものに比べて時間も短時間で済みます。

ホワイトニングの回数と費用について

 回数を増やせば増やすほど白くなります。
 個人個人で条件が違いがありますので、1回目より2回目の方がより「白さ」を実感できると思います。
 もちろん1回やって「白さ」に満足いただけたら終了でも結構です。

1回にかかる費用は、1本500円(税込み)です。

お試しに上の前歯4本ぐらいやってみて、ホワイトニングを実感していただき後日、本数を増やしていただいても結構です。

ただ、実際ホワイトニングができる範囲は左右前から4~5番目の歯までです。(笑ったときに見える範囲の歯だけでよいと思います。)
上下の歯の場合16~20本になります。
(それはお望みの本数だけで良いです。こちらから無理に本数を増やすことはいたしません。)

 1回のホワイトニングのアポイントは30分とさせていただきます。

 タキザワデンタルクリニックのホワイトニングの流れは、

1日目:歯が汚れている方は、歯のそうじ(歯石除去等、保険治療でできます。)歯が汚れていない方は、1日目でホワイトニングします。

2日目:ホワイトニング1回目 1本500円(税込み)

3日目:ホワイトニング2回目 1本500円(税込み)
(この時も本数の調整をしていただいて結構です。ここの歯が他の歯より色が白くないのでここを重点的に白くしたいというご希望でも結構です。)

 それ以外に、自宅でホワイトニングをする方法もあります。
 ホーム・ホワイトニングという方法ですが、上の歯を2週間毎日2~3時間、下の歯を2週間毎日2~3時間、計1か月でホワイトニングする方法です。マウスピースに薬材を入れて装着し、2~3時間テレビをみたり、風呂に入ったりして過ごして頂きます。
 こちらの方法も取り扱っておりますが、上記の当院で行うホワイトニング法(オフィスホワイトニング)と併用されますと、長期間にわたって白さをキープできます。

白さにこだわる方のオプションです。

 ホームホワイトニング 27,000円(税込・トレー代含む)

ホワイトニングにあたって、知っていただきたいこと

  • 不自然な白さにはなりません。
     ホワイトニングで、芸能人のように真っ白くなるとお考えの方がいらっしゃいますが、そこまで白くなりません。
     芸能人で不自然なくらい真っ白な方は、すべて歯を削って差し歯〈セラミック・クラウン〉にしています。

 健康な歯を削ってしまうという犠牲の上で、歯を白くしているのです。
(これはタキザワデンタルクリニックのコンセプトから外れています。)

 タキザワデンタルクリニックでは、ご自分の健康な歯にできるだけダメージを与えず、自然な白さを目指しています。
 ですので、『すごく真っ白』は期待しないでください。

目指しているのは、自然な白さです。

  • ホワイトニングは個人差があります。

「ホワイトニングをするとどれくらい白くなりますか?」
よくされる質問です。

もともとの歯の色が暗い方もいれば、明るい方もいます。
歯の種類によっても明るさが違う場合もあります。

歯の明るさが暗い方は、明るくするのに回数がかかる場合もあります。
もともと明るい方は、1回で済んでしまう場合もあります。
個人差があるので、どれくらい白くなるかはやってみないと判りません。

 また、テトラサイクリンという抗生物質を子供の頃たくさん服用された方は、歯に茶色い縞模様が出来てしまいますが、これをホワイトニングするのは、とても難しい場合があります。回数もかかります。

  • 白くなっても後戻する場合があります。

 一度ホワイトニングをすれば、永久に白いままの状態が続くとお考えの方がいらっしゃいますが、後戻りがあります。

 これも、個人差がありますので一概にどれくらいで後戻りするかは、判りませんが、早くて数か月、ゆっくりで数年です。

 髪の毛にパーマするのと似ています。

 後戻りが気になった場合、再びホワイトニングをしてください。
その際ここの数本だけ白くしてというのでも結構です。

白さをキープしたい場合、定期的行うのが効果的です。

  • 虫歯の歯、神経を取った歯、差し歯など被せてしまった歯はホワイトニングの対象外です。
     むし歯の歯は、むし歯を治療してからでないとホワイトニングした方が良いでしょう。(たぶんしみます)

 ホワイトニングは神経がある歯(生活歯)にのみ効果があります。
このホワイトニングシステムは神経が死んでしまった歯(失活歯)は、漂白できません。

(失活歯には別のホワイトニング方法があります。特殊な方法ですのでそのような場合は個別にご相談いたします。)

 また、かぶせてある差し歯も白くすることができません。差し歯とご自分の歯が混在している場合、漂白すると色調のミスマッチが生じることがあります。気になる方は、差し歯をやりかえた方が良いでしょう。

  • ホワイトニングできる歯は、原則的に前歯・小臼歯が中心です。

 歯の白さが気になるのは主に前歯です。4番目5番目の小臼歯ぐらいでしょう。奥歯(大臼歯)はそれほど白さが気にならないと思います。(気になるのはむしろ金属の銀歯ではないでしょうか?)

 クリニックで行うホワイトニングは強い光を照射するのですが、光が直接到達する範囲でしか反応しません。奥歯(大臼歯)までは光は到達しません。よって前歯・小臼歯のホワイトニングが中心になります。

  • ホワイトニングが出来ない人もいます。

 無カタラーゼ症の方、妊娠中の方は、ホワイトニングができません。
ご了承ください。

  • ホワイトニングは、歯のおそうじをしてからになります。

 歯石や着色がある場合は、歯のそうじをしてから、ホワイトニングになります。(歯石の除去は保険治療で可能です。しつこいヤニ等は特殊な方法できれいにします。詳しくは歯のクリーニングをご覧ください。)

 家のそうじで、床のワックスがけをするとき、まず床のそうじをしてからワックスをかけますよね。
 ですから歯のホワイトニングを希望されても、汚れを落としてから、ホワイトニングをします。
 
 初診の患者さんで、ホワイトニングを希望される方は、歯石や着色をとってからになる場合があります。

 その場合初診時に歯のそうじを、2回目のアポイント時にホワイトニングとなります。

 歯石や着色が無い場合は、初回にホワイトニングをいたします。

画像の説明画像の説明

a:3631 t:2 y:3

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional